第57期アクティビティスローガン

大切な命は自分で守ろう
地域との絆を大切に

第55期 会長挨拶

ライオンズクラブは1917年にアメリカのシカゴで創設され、名称は百獣の王ライオンにちなんでつけられました。社会に示す旗印としてのスローガンは“Liberty, Intelligence, Our Nation’s Safety”であり、その頭文字をとったのが“LIONS”となります。その意味するところは「自由思想を守りルールを遵守し、知性を重んじて善や愛に基づく奉仕する心を養い、我々の身辺や地域の安全につながる国家の安泰を願う」ということです。

その紋章は2頭のライオンの頭部が“Law”=「法」、“Liberty”=「自由」、“Labor”=「労働」、“Loyalty”=「忠誠」、“Love”=「愛」、“Live”=「生命」、“Lion”=「ライオン」を表すLの文字の左右に配置されています。2頭のライオンはそれぞれ過去の歴史と未来の運動を見つめているとされ、無償の行為があらゆる方向に向かって進むことを意味しています。

東京中野ライオンズクラブは1963年に結成され、今期55周年を迎える運びとなり、この度、第55期の会長を拝命しました石井正幸でございます。この55年にわたります輝かしい歴史はチャーターメンバーをはじめとする諸先輩ライオンの友愛に基づくチームワークで社会奉仕にまい進されてこられました努力の賜物であると、心より感謝申し上げます。

55周年の今期は『友情とかたい絆で We Serve』をスローガンに掲げました。みんなで相互理解の精神にて、篤く友情を深め、良きチームワークを構築し、元気に仲良く、有意義で楽しいクラブライフの下、社会奉仕に精進しております。

特に、地元警察のご協力にて「青少年育成・薬物乱用防止教室」の継続開催並びに日本赤十字のご協力にて「献血奉仕活動」の継続開催など、将来を担う心が温かく優しい子供たちが育つ環境づくりに尽力いたす所存ですので、地域の皆さま、諸団体の皆さま、引き続きのご理解とご協力とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

第55期会長 石井 正幸

Ishii Masayuki

上へ