第53期アクティビティスローガン

地域に根差し、自由を守り、
思いやりのある真の奉仕の実現

第50期 会長挨拶

 1963年、東京杉並ライオンズクラブのスポンサーシップにより結成された、当東京中野ライオンズクラブは、今期50周年を迎える運びとなりました。この50年間の歴史は、チャーターメンバーをはじめとする諸先輩ライオンの友愛、奉仕の精神に基づく弛まぬ努力の賜物であると、心より感謝申し上げます。

本年は、地域のますますの発展を願い、100周年に向けてのスタートの時と位置付け、ライオンズクラブの奉仕活動になお一層力強く邁進してまいります。
現在、我が都市(まち)中野は、先進の都市再開発が行われる中、既存の地域企業や住民と、新たに転入した多くの企業・大学及び従業員・学生が、共に新たな形の融合を求めつつ大きな一歩を踏み出したところであり、正に生き生きと躍動感に満ち溢れております。

今期は 従来の当クラブ奉仕活動、①病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うために日本赤十字社と永年取り組んでいる『献血奉仕活動』と、②今日、深刻な社会問題となっている薬物乱用防止に取り組む為、警察署と協力して開催している地域の小・中・高生向けの『薬物乱用防止教室』に加え、更に50周年を記念し、将来の地域を担う小・中学生を対象に「なか なか なかの=時空間冒険プログラム」と題し、『中野のゆるキャラを公募』し、『地域の魅力を伝えるDVD&漫画の副読本を作成』してまいります。

微力ではございますが、一年間クラブメンバー及び地域の皆様方とともに希望に満ちた『我が都市(まち)中野』を盛り上げてまいりたいと存じます。
何卒ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

第50代会長:高山 義章
Takayama Yoshiaki

高山 義章
上へ